メニュー

販売サイトはこちらから

株式会社アグリハウス技研-農業関連製品の企画開発・製造・販売

販売サイトはこちらから

製品紹介

二つのトマトの生育に差が出てきた。

ドリッパーからの吐出量に差があるか、茎が痛んでいないかを調べてください。ドリッパーの出が悪いようであれば、洗浄するか、交換をしてください。

収穫量が減ってきた。

温度管理が適切でなく。高温であったり、低温であった時、また、養液量が少ない時など生育が進まないときに収穫が少なくなります。特に、冬季の低温時期には生育が遅れがちになるので収穫が少なくなります。

葉っぱが内向きに巻いてきた。

窒素過多の原因と思われます。養液濃度を減らして栽培してください。収穫時70倍を100倍程度に薄めて供給してください。