メニュー

販売サイトはこちらから

株式会社アグリハウス技研-農業関連製品の企画開発・製造・販売

販売サイトはこちらから

製品紹介

オンラインで画像ギャラリーを見る:
http://agrihouse.co.jp/products/297-ths#sigProId53a53289d1

製品の特長

  • 安価なトマト栽培施設

    小規模で安価な設備投資でトマト栽培を開始できます。栽培ノウハウを確立してから、本格的経営を開始できます。

  • 付加価値の高いトマト栽培

    根域制限栽培で根部にストレスを与えるので、高糖度トマトが栽培できます。

  • タイマー設定で簡単栽培

    養液供給量と供給タイミングはタイマー設定で簡単に栽培管理ができます。

  • 手軽な設置

    一般の方でもタンク、ポンプユニット、栽培ベッドがユニットになっていて、ユーザ自身で設置が簡単にでき、工事費を節約できます。

収穫カレンダー

冬季にヒーターを使用しない場合
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
定値    
上旬

下旬
     
下旬

下旬
     
収穫        
上旬

上旬
   
下旬

上旬
冬季にヒーターを使用する場合
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
定値
下旬
     
下旬
収穫
上旬
   
下旬

生育や収穫は設置場所の生産温度、積算日照時間で変動します。上の表は参考です。
冬季は暖房設備が必要です。ハウス内気温が10℃を下回らないように管理します。
トマトの収穫量や糖度は収穫時期や日当たりの程度で違ってきます。

準備品

苗の品種はフルティカを推奨します。購入が難しい時はシステム発注先にご相談ください。

養液はOATアグリオ社製のOATハウス1号、OATハウス2号を使用します。

小規模なので受粉はトマトトーンを使用します。

※ハウスそのものはユーザ様が準備ください。

(1)電源:ハウスには100V電源が必要です。

(2)防草シート:ハウス内は白色の防草シートを敷いておくことを推奨します。ハウス内が明るくなり光合成が進みます。

(3)水の準備:養液を作成するために水が必要です。

 

prepare1

OATハウス1号

prepare2

OATハウス2号

ハウス内レイアウト

100株仕様のTHS-100のレイアウトの一例です。ユーザー様の栽培予定のハウスに合わせて、レイアウトを決めますので、ご検討の際はハウス寸法をご連絡ください。

house layout

型式

fbhoimage1.001