メニュー

販売サイトはこちらから

株式会社アグリハウス技研-農業関連製品の企画開発・製造・販売

販売サイトはこちらから

コラム

3DCADで設計開始

カテゴリ: 開発日誌 作成日:2019年07月19日(金)

Vol2.2.6
トマトハウスの開発
ー3DCADで設計開始。
 前回に紹介したautodesk Fusion360はスタートアップの個人が使用する場合、無料で提供されているソフトです。図面を描いたことがある人なら、少し勉強するだけで活用することができるできます。
前回でコンセプトが決まりましたので設計はコスト最小で実現したい機能、品質を確保することになります。基本構想は養液タンクと回収タンクをパイプで連結させたベースを基本フレームとして構成します。タンクのコーナーからパイプを立てて、上部のフレームに連結させ、屋根型のパイプをさしこむように構成して、基本の骨組みとしました。下の図のような設計になります。
タンクの上にポットホルダーを取り付けるプランターベースを配置します。ポットの余剰養液はベースで受けられ、回収タンクに流れるようにしました。養液の供給はプロトタイプで使ったバスポンプを参考に新設計し、チューブにつないで先端にドリッパーを取り付けました。

スクリーンショット 2019-06-25 21.47.58.png