メニュー

販売サイトはこちらから

株式会社アグリハウス技研-農業関連製品の企画開発・製造・販売

販売サイトはこちらから

コラム

梅雨明けの高温に注意

カテゴリ: トマトの成長 作成日:2019年08月18日(日)

Vol3.1.3
トマトハウスで秋トマトの栽培
ー梅雨明けの高温に注意。
 今年は梅雨入りが遅かった分、梅雨明けも後ろにずれました。梅雨の最中では気温も上がらず、少し徒長気味になりますが順調に大きくなってきました。このタイミングで定植すると栽培期間がが長くなり、トマトの収穫が長く楽しめます。
 画像は7月24日のものです。花も咲いてきました。トマトトーンを吹き付けて、着果を促進させます。この時期でトマトの周辺温度は35℃以下で問題なく育っています。ところが梅雨明けの25日ごろから温度が急上昇、最高で40℃を超えてきました。トマトの実もついてきましたが、なぜか元気がない。1日のうち30℃以上が80%になりました。しおれはなかったですが、下の方の葉から色が黄色くなってきました。どうも枯れてきたようです。前面を開放していると言え、3面が囲まれているので温度が上がるようです。なんとか対策が必要になりました。

IMG_0302.JPG