メニュー

販売サイトはこちらから

株式会社アグリハウス技研-農業関連製品の企画開発・製造・販売

販売サイトはこちらから

コラム

トマトの芽が出てから定植苗になるまで

カテゴリ: トマトの成長 作成日:2019年05月08日(水)

Vol1.1.3 
トマトの芽が出てから定植苗になるまで
ー苗の良し悪しがその後生育に影響
種を蒔いてから目がでるまで1週間、定植できるまで大きくなるのに3週間かかります。稲の苗作りでは苗八作という言葉がありますが、これは苗の良し悪しがその後の生育に大きく影響するということを言います。丈夫な苗を選んで、定植しないとその後の成長に関わります。
 良い苗は1.茎が太いこと 2.節の間が狭いこと 3.葉や茎の色が変色していないことが挙げられます。私が出芽から育苗について、いつも相談に乗っていただいているI.Nさんに育苗のコツを聞きました。I.Nさんは高機能を持った温室で出芽、育苗を専門にしている方ですが、播種した時の培土温度を22℃に維持して、冬なら一回の潅水、暖かくなると3回の潅水をするそうです。「簡単だよ」と言っていましたが、それなりの設備があってからこそできるものと思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_126.jpg