メニュー

販売サイトはこちらから

株式会社アグリハウス技研-農業関連製品の企画開発・製造・販売

販売サイトはこちらから

コラム

室内でイチゴ栽培

カテゴリ: コラム 作成日:2020年03月12日(木)

Vol5.2.2
室内でイチゴ栽培

イチゴの成長 10月24日
 トマトの成長も面白いですが、イチゴも面白い。トマトの成長は花を咲かせ、受粉し、実をつけます。これを何回も繰り返します。比較的短い期間で花が咲き、環境の変化に対応していきます。脇芽は主軸に何か事故があったときにその代わりになります。常に、脇芽を伸ばし、危険に対応します。トマトが生き延びるため、色々な対応をしているのが観察できます。
 イチゴも色々な生き延びる対応を行います。一季なりの普通のイチゴは春に向かって、花を咲かせ、実をつけます。そのタネが動物などで運ばれて、子孫を残すことになります。また、花をたくさん残すためにイチゴも脇芽を伸ばそうとします。一方、実をつけたあとはランナーと呼ばれるもので自分の分身を残していこうとします。イチゴの生き残り戦略も面白いものですね「不思議と感動がいっぱい」ですね。

IMG_0486.JPG