メニュー

販売サイトはこちらから

株式会社アグリハウス技研-農業関連製品の企画開発・製造・販売

販売サイトはこちらから

コラム

トマトハウス システムでの収穫

カテゴリ: コラム 作成日:2019年12月19日(木)

l4.1.6
トマトハウスシステムの紹介

トマトハウス システムでの収穫
 今回の事例は9月1日に定植しましたが、収穫開始は11月10日になりました。約70日で収穫です。収穫時期になって、養液供給量は500cc /株・日でコントロールしました。品種は中玉品種のフルティカですがこの栽培では少し小さくなります。第一果房での収穫は以前に書いたこともありますが糖度は上がらない傾向にあります。糖度は7度、果重は50gありました。糖度7なら特別なものに感じませんが普通にスーパーで売っている高糖度トマトと同じ程度にはなっています。
 2段目からは果重は落ちますが、糖度の高いトマトが収穫できるようになります。

IMG_0098.jpg