メニュー

販売サイトはこちらから

株式会社アグリハウス技研-農業関連製品の企画開発・製造・販売

販売サイトはこちらから

コラム

ハウスの準備を始めよう

カテゴリ: コラム 作成日:2019年10月27日(日)

Vol4.1.2
トマトハウスシステムの紹介
ーハウスの準備を始めよう。
 最初にハウスの準備を始めます。もし、有休ハウスがあるならそれを使いましょう。米の育苗ハウスは4、5月の稼働ですので農家の持っている育苗ハウスを活用するのもいいと思います。ハウスの大きさが5.4m✖️15mの場合、入り口1.5mを作業場兼消毒等入室準備空間として使うことにします。残り13mで2列のプランターベース を設置します。12.6mで50株配置できますので2列で100株栽培できます。
 トマトは6月いっぱいまで栽培できますのでハウス内の温度が上がらないように通気の良い構造にしておきましょう。冬も栽培するときは暖房設備が必要です。システムを稼働するためには100v電源が必要です。ハウスの中は白色の防草シートをしておきます。白色はハウスの明るさを確保するために使います。

IMG_0001.jpg